エスクァイアの燃費は良い?悪い?実燃費は?グレード別に比較!

今までにないミドルクラスミニバンにおける高級路線を打ち出したトヨタのミニバンであるエスクァイアは、その上質な質感を持つ内外装、高いデザイン性は同クラスのノアやヴォクシーはもちろんのこと、他社メーカーのミドルクラスミニバンと比較してもワンクラス上の車格を感じさせます。

 

そして、ガソリン車とハイブリッド車の二つのモデルを設定する事で昨今の燃費意識に対してもしっかりとニーズに応えたモデル展開が好評となり、人気の高いミニバンとなっています。

 

そして、特筆すべき点はそのコンセプトである高級車であることです。

 

今までにない同クラスにおけるこの路線は、特にインテリアの細部にわたって質感を高めている点です。具体的にはエアコンパネルのピアノブラック塗装、上質なドアトリム、本革巻き木目調ステアリングにシフトノブと手を触れる箇所を重点に加飾している点です。
この点においてはとても好評で人気の秘密でもあります。

 

ハイブリッド、ガソリン車それぞれの燃費は?

また、実際の燃費においても優れておりガソリン車であれば2000ccのエンジンを搭載し、ボディサイズによる重量を加味してもJC08モードにおいて16.0km/Lは優秀です。

 

実際の燃費は走行条件や雨や気温などの外的環境によって異なりますが、おおよそ6~7割となりますがそれでも平均リッター当り10km以上走行できるのはボディサイズを考えてもとても優れています。

 

また、郊外や高速道路を制限速度内にて一定の速度にて走行する事が多い場合はJC08モードに近い燃費となる事も多いです。
そして、ハイブリッド車においてはガソリン車の1.5倍の燃費でJC08モードにおいては23.8km/Lとミニバンとしては高燃費です。

 

ガソリン車と同様に走行条件などによって変動しますが、実燃費は6~7割といったほどでガソリン車と比べてもその優れた高燃費を恩恵を受ける事が出来ます。

 

このようにガソリン車とハイブリッド車を比較してみると、ハイブリッドシステムを搭載したモデルの方が実燃費においてもその差は顕著であり、燃費が気になる方であればハイブリッド車を選択する事をお勧めします。

 

エスクァイア値引きはこちら