エスクァイアの内装を徹底解説!乗っている人の評価は?

トヨタのミドルクラスミニバンにおけるエスクァイアは他社のミドルクラスミニバンにはない特徴的なコンセプトで人気の車種となっています。
そのコンセプトは上質感、上級感、高級感です。従来、このミドルクラスミニバンにおいてこれらのコンセプトを持った車種は存在していませんでした。

 

各社、より使い勝手の良い室内空間、燃費性能、スライドドアの開口部や地上までの高さなど利便性を追求するばかりで、このように上質で上級感のある高級ミニバンは存在しておらず、2014年にエスクァイアが登場すると瞬く間に人気を集め、人気車種となりました。

 

このエスクァイアは上質感、上級感、高級感をまさに体現しており、内外装は煌びやかな素材やメッキを多用し、上質な質感を演出しています。

 

内装評価は?

特に内装に関しては、エアコンパネル加飾を艶のあるピアノブラック塗装を行い、加えてエアコン周りにもピアノブラック調によるグロス処理がされ高級感溢れるデザインとなっています。

 

さらに、良く触るドアトリムの上部には金属調加飾にステッチ付きの合成皮素材をあしらい、質感が高いのもポイントです。一番触るハンドルとシフトノブには本革巻きステアリングに黒木目調加飾が施され、シフトノブも同様に加飾されているのも特徴的です。

 

また、ダッシュボードはステッチが付いたソフトパッドを多用し、アクセントとしてシルバー調の加飾がされているのも好印象です。
トヨタ車が得意とする収納も細かく設定しており、ドアポケットの容量の大きさやセンタートレイ、サングラスホルダーにトランク下の床下収納も採用しこのクラスにおいては比較的多いのも高評価です。

 

総じて、同社のミドルクラスミニバンや他社のミドルクラスミニバンにおいてエスクァイアはインテリアの質感が上質で、特に良く手に触れる部分であるステアリングやシフトノブ、エアコンパネルやダッシュボードなどにおいては素材や使い方に工夫がされており、乗車してすぐに質感の高さが感じる事が出来、高級感であるのがお勧めポイントです。

 

エスクァイア値引きはこちら